激務といってもさまざまな種類がある

会社員として働く女性はさまざまな職種で仕事をしていますが、どのような仕事でも忙しい時期があるはずです。忙しい期間が続くと大変ですが、暇でやることがなく時間をつぶすのが大変という状況と比較すれば、やりがいを感じることができる可能性もあるでしょう。激務と言っても、どんなタイプの大変さなのかについては多種多様で、いくつかのタイプに分類できます。一つは、肉体的にハードという意味での激務です。具体的には、女性であるにもかかわらず、書庫の整理など重い物を終日持ち運び続けるなどの仕事が該当します。情報伝達のために一定の距離を何度も往復する・ひたすら文章を入力し続けるのも、肉体的にハードな仕事の例でしょう。もう一つは、精神的にハードな仕事です。精神的にハードな仕事は、さらに細かく分類できるかもしれません。成果に繋がるプレッシャーと、パワハラに近いプレッシャーです。具体的には、取引先との交渉において相手の優秀な担当者とやりとりをして契約をまとめるプレッシャーは、前者の成果に繋がるプレッシャーと言えます。また、期限が切られた仕事について、期日までにやらないと上司からいじめられる可能性があると感じながら仕事をする場合は、後者のパワハラに近いプレッシャーかもしれません。いずれにしても、激務は避けられない時もあるかと思います。しかし、その仕事が終わった後でストレスを発散したり休息をしっかりとったりして、自分をメンテナンスすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です