激務の現場が改善されることを願って

予め覚悟のうえで、激務の世界に飛び込む人がいるようです。特に、マスコミで番組を制作している人たちは、まともに休みが取れない職業だということが知られています。華やかに見える舞台の裏側では、ブラックが当たり前という職場環境で今も多くの人が働いているのです。世界をまたにかけて活躍する商社マンは、男子学生の人気就職先で常に上位にランクインする職種となっています。しかし、その環境はまさに激務だといえるでしょう。商社マンも、24時間世界中の情報に接しながら、文字通りグローバルな競争環境に身を置いて戦っている厳しい職場です。政治の世界と密接につながっている霞が関の国家公務員も、眠れない職業の代表選手だといえます。特に、予算編成時期や国会運営中は、ほとんど家に帰れない日が続くといわれているようです。そのため、霞が関に務める主要公務員は、近くの官舎に住むのが暗黙のルールになっています。国の中枢にいて国家運営に携わる官僚の皆さんは、かなり頑張っているということを認識すべきでしょう。しかし、過酷で激務を強いられている職業の中には医療現場も含まれます。医療現場は、とにかく人手不足です。どんな職場や仕事でも同じですが、忙しいときに人手が足りないことを想像してみてください。しかも、その仕事は商品を売ったり買ったりするような内容ではなく、人の生命に関わる極めて重要な仕事となります。そして、このことはメディアが繰り返し報道しているので、国民に広く知れ渡っているはずです。にも関わらず、なぜ解決されないのでしょうか。私たち国民の生命と健康に直接関係する医療現場の状況が、一日も早く改善されることが望まれます。激務の方に役立つサイト激務対策完全攻略マニュアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です